謎の国を行く
ワルシャワ
〜Warsaw(Warszawa)〜

ポーランドの首都、ワルシャワ。
本当にここには来るつもりはなかった。ホントはね、チェコのプラハに行きたかったんだけど、プラハ行きのチケットが取れず、やむなく断念。
そのかわり(?)にやって来たのが、ここワルシャワだったと言うわけ。(参照


そんなわけなもんだから、ワルシャワの情報は一切なし。
まぁ、とりあえずInformation Centreさえわかれば、そこで情報は得られるだろうと。
幸運な事にワルシャワ中央駅の中に(小さいけど)Information Centreがあって、そこで無料の地図をGetする事が出来ました。
この地図がすばらしかったの。
ワルシャワ市内の詳細が分かるだけでなく、なんと裏側には観光モデルルートが載っていて、ガイドブックを持っていない私にはとっても便利。
そんなわけで、この日はこの地図の、モデルルートを頼りにワルシャワ市内を歩きました。

いざ観光へっ!と意気揚々で駅構内を出た私の目に飛び込んで来たのは、警察に捕まえられている人。手首には思いっきり手錠が・・・・・。(−△−|||)こ、こわ〜。
まぁ、それはともかく、第一目的地The Palace of Colture and Scienceは駅を出ると(でかいので)すぐに見る事が出来ます。

The Palace of Colture and Science
The Palace of Colture and Science
ポストカードで見たんだけど、このビルの夜景もきれいみたい。

旧市街地でしょうか、面影のある建物が並ぶ広場です。この写真では見にくいですが、広場の中心には銅像も立っています。

The Royal Castel quare  The Barbican
The Royal Castel Square       The Barbican  

このThe Royal Castel Squareを少し進んだところに、The Barbicanはあります。
城壁みたいです。って確証はありませんが。

今来た道を反対の方向へ歩く事、数キロ。今回のワルシャワ旅行で1番印象に残った場所、The Palace of the Waterに辿り着きます。
(ちなみに、The Barbicanからここに向かうまでにも、見どころは若干あります。)
The Palace of the Waterは大きな公園の中に建っているのですが、その公園に入ってPalaceを目指していた時です。私の視界に、なんだか大きくて青っぽいものが飛び込んで来たんです。
それは、なんと孔雀です。
しかも野放しです。
ここが動物園だったり、柵の向こうがわに居たりだとかしたら、別に大して驚かなかったと思うんですが、なにしろ、野放しだったので、私はホントに数秒間全身硬直してしまいました。
だって、ホントに恐かったんだよぉ〜(> <|||)

ところが、孔雀はコレ1羽だけではなかったんです。
Palaceがあると思われる場所に近付くにつれて、孔雀がどんどん増えてくるんです。もちろん、さっきのと同じように野放しです。いったいなぜ?

うじゃうじゃ、なぜいるの?  恐いって、マジで
出てくる×2、うじゃ×2いるよ(汗)

人に慣れているのか、目の前を人が横切ったりしても、全然平気そうな顔をしている。つーか、向こうの方が人間より堂々としてるのよ。
とりあえず、恐いから近くに行かないようにしながら、Palaceに向かおうと思ったんだけど、道の都合上どうしても、ヤツラの前を通り過ぎなくちゃならなかった時は、めちゃ×2キンチョーした。襲われたらどうしようって。。。

The Palace of the Water
そして、辿り着いたThe Palace of the Waterがこれ。

なんで、あんなにたくさんの孔雀が(しかも野放しで)公園の中に板野かはいまだに謎。
ちなみに、恐かったと言えば、街なかで警察が、職務質問をしてるのをよく見かけた。
なんであんなにたくさんの人たちが、職務質問されてるの。そして、なんでそんなに警察がたくさん街中にいるのよ。ビビるっつーの。





travelのトップに戻る<---------------------------------->ホームへージのトップ


日付データ


SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー